園内のご案内

生活棟・作業棟・職員寮の3つの建物を中心に構成されています。作業棟横の雑木林では、農耕班による椎茸栽培が行われています。
ここでは、学園の様子を建物別に紹介します。
利用者のみなさんの今後の生活を考え、よりよい環境にするため改修工事を行いました。
平成20年12月10日から始まった工事も、翌年の平成21年3月24日には無事に終わり、つるかわ学園が生まれ変わりました。

生活棟

画像 現在の生活棟は平成6年4月に、施設の児者転換と同時に使用開始しました。
2人部屋の洋室24室・1人部屋の洋室1室の、計25室があります。
他に、浴室2室・医務室・職員室・事務室などを備えた、つるかわ学園の中心となる建物です。
窓ガラスは強化ガラスです。耐震構造に留意し建築されました。

居室

2・3階に配置されており、各階とも2つのフロアに分けることができます。各フロアには、多目的室があり、利用者さんがテレビを見たり、くつろいだりと、思い思いに過ごせるようになっています。陽当たりの良い南向きで、床暖房になっています。

居室

画像
洋室2人部屋

居室

画像
洋室2人部屋

多目的室

画像
フロアの多目的室

医務室

画像
ベッドが1床あります。看護師が3名勤務しています。

医務室

画像
個室の静養室

女性用・浴室

画像
浴室、脱衣室ともに床暖房になっています。バリアフリー。

男性用・浴室

画像
浴室、脱衣室ともに床暖房になっています。バリアフリー。

トイレ

画像
男性用

トイレ

画像
女性用

食堂・厨房

朝、昼、夕の食事を提供しています。利用者さんの健康状態を考慮し、特別メニューの食事を用意することもあります。 3階に設けられ明るい雰囲気で、テーブル・椅子は木製を選びました。

厨房の様子

画像
 

調理作業の様子

画像
 

ある日の食事風景

画像
 

地域交流談話室

画像 1階にあります。多目的に利用できるように、さまざまな設備、備品をそなえてあります(下記参照)。雨の日の活動のほか、余暇活動、行事、会議、研修などに使用しています。 (床暖房) 学園内で使用の予定のない場合は、一般の方もご利用になれます。会議、サークル活動などにどうぞ。 ただし、学園の行事などで利用できない場合は、ご了承ください。

画像 カウンター。毎年11月に行われるふれあいまつりでは、ここを利用して喫茶店を開いています。 カウンターと奥で調理ができます。ガス台、電子レンジ、冷蔵庫、調理用具、食器があります。 簡単な調理であれば、ここですることができます。和室は、ホールと障子で仕切ることができます。

横溝記念館(活動棟)

画像 鉄筋コンクリート造の現作業棟は、前理事長の故横溝精彦氏夫人、千鶴子氏による総工費1億7百万円全額ご寄付によって、平成12年12月12日に完成いたしました。
1階にはパン工房「もくもくてん」の店舗があり、2階に陶芸村の活動室、3階にパン工房と工芸班の活動室があります。車椅子でも使用できるトイレが1階にあります。また、全階を結ぶエレベーターも設備されています。 陶芸室では普段の活動のほかに、毎月2回土曜日に「陶芸クラブ」として地域の方に開放しています。

3階 工芸室

画像
陶芸室での作業の様子

2階 陶芸室

画像
陶芸室での作業の様子

もくもくてん

画像
 

園庭・その他

画像 農耕班とともに管理している花壇です。
奥の芝生にはベンチ、桜の木もあります。
トランポリンは、小学生以下の子供たちであれば、自由に使用できます。午後には、たくさんの子供たちが遊びにやってきます。遊びたい方は、事務室に一声かけてくださいね。(雨天時、学園の行事などで使用できないことがあります)

Page Top