生活介護(日中活動)

日中活動の支援方法や内容を、障害者支援施設における生活介護事業として計画し取り組む。

ブリコラージュのづたの空

 つるかわ学園生活介護事業の従たる事業所として運営しています。毎日15名程度の方々が通所されます。本人の希望や特性に応じて、創作的活動や生産活動、レクリエーション等の機会を提供するとともに、身体的機能や生活能力向上のための支援を行っています。

パン工房 もくもくてん

 平成22年4月よりつるかわ学園構内(横溝記念館内)にて開店しました。
つるかわ学園利用者とベテランパン職人が作る真心と温かみが入っているおいしいパンです。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

※もくもくてん 紹介ページはこちら

農耕班

お借りしている近隣の畑と園庭の2か所でサツマイモやジャガイモ、ニンニクなどを栽培しています。植え込みから収穫まで行い、その間の除草や水遣りも行っています。収穫後は調理スタッフが美味しいおやつにしてくれたり、学園のお祭りで販売しています。その他に年2回市が開催する花壇コンクールに向け、園庭の花壇を造成しています。自然や土に触れることで心身の健康を維持し、自分たちで作ったものを収穫して食べ、販売することで喜びを感じることを目的としています。

活動目標

・利用者個々の適性に応じて、活動内容を提供します。
・ 自然に触れ合うことにより、心身の健康を維持します。
・ 作ること、関わること、収穫すること、販売することを通じ、喜びの場面を提供します。

画像
里芋畑

画像
ピーマン・なす・オクラ畑

画像
大根畑(9月中旬)

画像
さつまいも畑

椎茸栽培

画像
スタッフが穴を開け、利用者の方が植菌します。

植菌

画像
皆さん慣れたもので、手際いいですよ!

椎茸栽培

画像
そして、浸水、展開と原木を移動しつつ、椎茸の収穫にたどり着きます。

椎茸栽培

画像
 

個別活動

活動棟2階で個々の趣向や特性に合った活動を行っています。
パズルをする人、好きな雑誌を読む人、音楽を聴く人、それぞれ好きな時間を過ごせる場として利用しています。
特性に応じてパーテーションを設置したり、カーテンで仕切りを設けたりと、各々が落ち着いて楽しんで活動が出来るよう、内装にも配慮しています。
また、自立課題プログラムとして様々な手作業用の課題を職員が手作りして、楽しみながら活動できる場になっています。

Page Top